読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日経225プレシジョン開発に関わる相場傾向について

日経225プレシジョン開発と相関の高い先物相場傾向など

日経平均株価指数で先物取引をおこなう日経225先物

日経225先物は、日経平均株価指数における先物取引です。
先物取引とは、簡単に言えば、後になってから買うという約束をしておくことです。つまりは購入予約です。
先物取引は、その時点での相場でおこなわれます。たとえば現在10万円の価値がある商品の購入予約をするとします。当然支払うべきお金は10万円です。しかし購入する予定の日までに相場が変動して、価値が12万円になったとします。すると、12万円の商品を10万円で購入することができるというわけです。2万円の差額を、自分の利益とすることができます。
日経225先物の場合、その差額が1000倍になって取引されます。日経平均株価指数が100円上がったとしたら、その1000倍の10万円が利益となるわけです。逆に100円下がったとしたら、10万円の損となります。
したがって日経225先物で利益を得るためには、相場の動きをしっかり読む力が必要になります。的確に予測できれば、少資金で大きな資金を得ることも可能です。