読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日経225プレシジョン開発に関わる相場傾向について

日経225プレシジョン開発と相関の高い先物相場傾向など

日経225先物取引のノウハウを知れば、安心して投資ができます

日経平均というのは、日本を代表する大手企業225社の上場銘柄を平均して割り出した指標のことです。日本の経済はこの数値を基準として景気判断の目安にしています。この日経平均の動きを予想する投資法が、日経225先物取引というのです。先物取引はリスクが大きくて怖いと思っている方は、日経225先物取引のノウハウを知る必要があります。普通の株の投資では暴落が起こると株券がただの紙切れになってしまうことがありますが、日経225先物取引は225社の平均株価なので日経平均がゼロ円になることは絶対にないのです。ですから株のようにゼロになってしまうリスクはないのが1つの特徴です。もう一つの知っておくべきノウハウは、レバレッジがかけられるので少ない資金で大きなリターンを狙えることです。株の信用取引は3倍程度なのに比べて、日経平均は5万円から7万円の証拠金(※225ミニ先物換算)で100倍のレバレッジとして利益を生み出すことが可能なのです。