読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日経225プレシジョン開発に関わる相場傾向について

日経225プレシジョン開発と相関の高い先物相場傾向など

日経225先物のシステムトレードについて

日経225先物システムトレードは、その名の通り日経225先物の売買を自動で行うシステムを指します。一般的にシステムトレードとは、予めプログラミングされた条件に基づいて、コンピューターが人に代わって発注を執行するものです。

通常、裁量トレードを行う際には人が常にチャートをモニタリングしていなければなりませんが、システムトレードの場合は人が市場をモニタリングする必要はありません。これは、人が監視していなくとも、プログラミングされた条件に合致すれば自動で売買を執行してくれるためであり、自身のトレードを安定させるためにも投資家間で急速に普及しています。

日経225先物システムトレードは、こうしたシステム開発を専門に行っている開発元が提供しているものもあれば、個人でプログラミングをして独自のシステムを使ってトレードをしている人もいます。システムを使ったからといって必ずしも勝てるわけではありませんが、トレードの執行を勝ち負けの感情に左右されない分、メンタル的な優位性や運用パフォーマンスの安定性を含め、そのメリットは非常に高いものとなっています。