読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日経225プレシジョン開発に関わる相場傾向について

日経225プレシジョン開発と相関の高い先物相場傾向など

日経225先物は日経平均を利用した先物取引です

日経225先物は証券先物取引の1つであり、日経平均を利用した金融商品です。日経平均東証一部の225銘柄の平均株価から算出しており、銘柄選定に苦慮することなく日経225先物チャートをチェック・分析すれば十分に対応可能です。

株取引とどのように違うのかというと、株取引の場合は実際に株券を取引するため、評価額相当の購入資金が必要となりますが、日経225先物の場合は売買による利益や損失の差分のお金を取引する差金決済となっています。そのため、取引を行うためには証拠金と呼ばれるお金を証券会社に預けておき、株券を購入するよりも少ない資金で大きな金額を取り扱うことができるようになっています。少ない金額で大きな取引ができるという点では、儲ける時は大きな資金を貯めることができますが、リスクも同程度にかかってくることになります。

また、SQ(特別清算指数)を算出する決済日が決まっており、同じ限月のものではその決済日の前日までしか取引は行えず、ポジション保有中の状態で決済日をまたぐと強制的に決済されることになるためスイングトレードの際はこの点だけ注意が必要です。