読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日経225プレシジョン開発に関わる相場傾向について

日経225プレシジョン開発と相関の高い先物相場傾向など

日経225先物取引について

証券先物の代表格である日経225先物取引は、日経平均株価と連動した動きとなるため情報収集およびデータ解析がしやすくシステム等の構築対象としては最適です。
先物では取引できる期間が決まっており、建玉後にずっと持ち続けることができない仕様となっています。限月(げんげつ)(=満期日)があり、各限月の第二金曜日の前日までしか取引はできません。最終日までに決済しない場合は、満期日にSQ値で自動的に決済される仕組みになっています。ここが現物株と違う点です。
なお、日経225先物取引を行う際の基本的な専門用語として、次が挙げられます。
SQ:スペシャルクウォーテーションの略。満期日決済に使われる最終清算指数
SQ値:SQと同じ意味
SQ日:満期日
SQ決済::満期日にSQ値で決済すること
反対売買:最初に行った取引と反対の取引を行うこと(買いからスタートした場合は売りを行うこと)
建玉(たてぎょく):買いまたは売りの取引が成立して、約定し未決済のまま

また、SQ値の算出方法は、満期日の日経平均株価日経225)の構成銘柄個々の始値にて計算されます。