読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日経225プレシジョン開発に関わる相場傾向について

日経225プレシジョン開発と相関の高い先物相場傾向など

日経225プレシジョン開発システムで運用する日経225先物取引

先物取引は、現物株式とは異なる取引で、将来のある時点で、証券・商品などの受け渡しをするという一種の契約取引です。この契約を履行するための担保として、証拠金と呼ばれる一定額の資金を証券会社に預け入れることで先物取引は成立しますが、この証拠金額は取引代金の数分の一以下ですみます。実際の先物取引は、反対売買して精算(決済)することが多いのですが、満期での商品などの受け渡しをすることも可能です。
なお、日経225先物は、商品などの代わりに株価指数である日経225の指数自体の先物取引となります。株価指数ですから、満期の時には商品のように受け渡しができません。そのため、満期の月(限月)の第2金曜日に特別清算指数(SQ)を算出して、それで差金決済を行います。
日経225プレシジョン開発は、上記の日経225先物を取引するためのシステムトレードを開発している専門サイトです。システムトレードとは、人間の裁量によらない機械的な取引のことで、予め定められた一定の手順によって取引を行う仕組みのことです。日経225プレシジョン開発は、日経225先物に特化し優れたストラテジーを開発しており、多くのトレーダーをシステムトレードにてバックアップしてます。