読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日経225プレシジョン開発に関わる相場傾向について

日経225プレシジョン開発と相関の高い先物相場傾向など

投資対象としての日経225先物について

現在の日本は、アベノミクスの影響で株高、円安となってきました。この影響もあって、最近では資産運用に参戦する人が増えてきました。
投資というと、株取引や先物取引などがあります。先物取引の中でも、初心者にも始めやすいということで、日経225先物取引を始める人が増えています。
日経225先物とは、日経平均株価に対しての先物取引のことを指します。現在の日経平均株価に対して、買いからも売りからも入ることができ、約定価格が上回るか下回るかによって利益または損失となる差金決済が特徴です。証券会社では、日経225(ラージ)先物のほかに、投資初心者向けに日経225先物ミニも取り扱っています。ミニ先物は初心者にとっても始めやすいといえますが、それでも証拠金の数十倍のレバレッジを効かせることができるので運用の際は慎重に行います。システムトレードにてリスクをしっかりと抑えた上でアグレッシブに運用を行うことで、年間に数百万~数千万円の運用益を得るポテンシャルを持っているのが日経225先物なのです。