読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日経225プレシジョン開発に関わる相場傾向について

日経225プレシジョン開発と相関の高い先物相場傾向など

先物取引の順張りと逆張りの日経225先物への応用

先物取引には、順張りと逆張りの2通りのポジションの建て方があります。順張りは、その時の相場のトレンドに沿ったポジションの建て方で、逆張りは相場の流れに逆らった建て方に大別できます。順張りの方が、ポジションを建てた後、すぐに含み益が出る可能性が高く、損小利大にて大きな利益を見込むことができます。逆張りは、直後に含み損になりやすいのが通例ですが、行って来いの相場や、瞬発的な戻りを狙うには最適な戦略でもあります。
先物取引逆張りで気をつけたい点は、タイミングを逃すと利益が出にくく、ロスカットを躊躇すると損失幅が大きくなりがちなことです。逆張り日経225先物に応用する場合には、同時にオプション取引を利用すると、いくぶんリスクを減らすこともできます。例えば、日経225先物が上がっている時に売り建てると同時に、適当なCALLオプションを買っておきます。これは、オプションの価格によってはコスト高になることもありますが、日経225先物が意に反して上がり続けた際には損失額を一定に保つことができます。オプションを使った日経225先物の取引方法は何通りもありますので、検証を重ねることで、より利益になる機会を捉えることができます。