読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日経225プレシジョン開発に関わる相場傾向について

日経225プレシジョン開発と相関の高い先物相場傾向など

日経225先物に特化した日経225プレシジョン開発システムトレード

日経225プレシジョン開発

日経225先物は誰もが知る先物取引の一種であり、日本大手上場企業225社の日経平均株価指数を売買する先物取引です。建玉時からSQまでの間で、建値と決済値との差がいくらになるのかを予測して取引を行います。例えば買い建てた場合、日経が建て時より上昇していればプラスに、その逆の際はマイナスが差金決済されます。日経225先物の特徴は、現物株のように時価総額全額は必要なく、スパンにて計算される証拠金を証券会社に預けることで取引が可能となります。証拠金はいわば担保のようなもので、実際に取引する金額の数十分の一という金額で取引が可能です。
日経225先物レバレッジが高いため、確実な相場予測を兼ねてシステムトレードによる半自動売買ロジックを利用するトレーダーがほとんどです。システムトレードとは、過去の膨大なデータを基に相場動向を計算予測し、当日の最適な売買サインを算出し取引を行う便利ツールです。特に、日経225プレシジョン開発はプロトレーダーのストラテジーがプログラムされたシステムトレードを開発しています。ロジックの異なる複数のシステムをリリースしており、自分のトレードスタイルに合ったシステムをセレクトすることが可能です。これら複数システムへの分散運用では、あらゆる相場に対応するより安定したポートフォリオ運用が実現できるのです。