読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日経225プレシジョン開発に関わる相場傾向について

日経225プレシジョン開発と相関の高い先物相場傾向など

日経225先物取引のノウハウについて

日経225プレシジョン開発

日経225先物取引は、日経平均株価を運用対象として株価指数先物取引を行います。まずはノウハウを知る前に、基本事項を覚えておきましょう。まず、日経225先物の種類には「ミニ」と「ラージ」の2種類があります。ミニの場合は日経平均株価の100倍、ラージの場合は1,000倍の変動幅で実損益に反映されます。すなわち、ミニの場合においては平均株価が10円動くと証券口座へ1,000円の損益金額として計上されます。ラージではこの10倍、10,000円が実損益として反映されることになります。
また、日経225先物取引は証拠金を預け入れて取引を行います。必要証拠金は日本証券クリアリング機構と呼ばれる証券取引清算機関が取り決めるSPANにより1週ごとに変動することに留意します。なお、SPANと掛け目と呼ばれる指数に10を割ったものがミニで、割らないものがラージです。
これら日経225先物取引は比較的シンプルな先物取引の商品であり、少資金で高い収益を見込めることで人気があります。取引のあたりを付けるには、最初からラージで取引をするよりも、ミニから始めて、運用益の増加に伴いラージにチャレンジするのが良いでしょう。