読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日経225プレシジョン開発に関わる相場傾向について

日経225プレシジョン開発と相関の高い先物相場傾向など

日経225プレシジョン開発は日経225先物運用のための優れたトレードシステムです

株式相場で運用した場合、上昇相場であれば初心者でもいくつかの銘柄を保有していれば、そのうちトータルでの利益は比較的上げやすいものです。中には株価が下落してしまうものもありますが、ポートフォリオ運用によって他の株価上昇銘柄が損失を補填するためです。しかし、相場が停滞気味であったり下落相場であると、売りから入る・・・言い換えると、信用取引をしないと下降局面で儲けることができません。
そこで、下落相場でも利益を上げることができる日経225先物が強みとなります。先物取引では、FXや信用取引と同様に、売りから入ることができる投資商品です。また、FX並の高いレバレッジが魅力であり、短いスパンで加速度的に利益を上げるのに最適ともいえます。その反面、損失方向にも同じく作用するため、リスクヘッジが併せて大切なポイントとなります。
日経225プレシジョン開発は、日経225先物を効率的に運用するために、プロトレーダー兼プログラマが開発している独自のシステムトレードです。システム単独でも十分な高勝率・高P/Fを叩き出すものの、上記のポートフォリオを組むことで、上昇局面・下降局面など、あらゆる相場で安定した運用パフォーマンスが期待できるのです。