読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日経225プレシジョン開発に関わる相場傾向について

日経225プレシジョン開発と相関の高い先物相場傾向など

日経225先物トレードで運用パフォーマンスを向上させる

日経225プレシジョン開発

日経225先物は、日経平均株価の変動に応じて、建値と決済値との価格差で利益を上げる先物取引です。相場が上昇局面であるときに限らず、下降している局面であっても売りから入ることで利益を上げることができます。しかし、日経225先物トレードにおいて、初心者が勘だけで利益を上げ続けることは容易ではありません。
確かに、ビギナーズラックで一時的に大きな利益を上げることもありますが、その後も継続的に安定した利益を維持することは難しいものです。その理由の1つとして、欲に負けて感情をコントロールできず、含み損を抱えてしまいやすいことも大きな要因として挙げられます。また、場当たり的なトレードをしていては、損失が出た時にすぐに取り戻したいとの感情より、資金を追加投入して無理なトレードを続けてしまうのもよくあるケースです。その結果、大半は思いとは逆方向に相場が動き、さらなる損失を生むのです。
これら「相場感」による運用パフォーマンスのブレや、「感情」によるトレードの乱れを防ぐためにはシステムトレードの活用が効果的です。システムトレードは通常、日々の相場データを入力することで、当日の売買サインや決済値を表示してくれるため、その通り注文することで自己流よりも安定したパフォーマンスが見込めるのです。