読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日経225プレシジョン開発に関わる相場傾向について

日経225プレシジョン開発と相関の高い先物相場傾向など

株価指数先物取引の代表格である日経225先物

株価指数先物取引株価指数先物取引時には現物の受渡は行なわず、取引の安全性確保のため証拠金制度が採用されている)のひとつ「日経225先物」は、日経225(日経平均株価)を対象とした先物取引です。取り扱いは、日経225mini(ミニ)と日経225先物(ラージ)の2種類があり、日経225先物における1単位の取引金額がミニであれば日経平均株価の100倍、ラージでは1,000倍の変動幅として利きます。
証拠金を預け入れてからの取引となりますが、その際の必要証拠金は1週間ごとにSPANで変動します。また、値段変動の最小値(呼び値)は、ミニが5円刻み、ラージが10円刻みであり、利益機会は最小単位の値動きで発生するものです。なお、先物取引は少額の資金で大きな取引が可能であること、また差金決済で効率よく回転売買が出来ること、そして身近な日経平均株価へ連動しているゆえ銘柄選択は不要です。さらに、売り・買いの双方が可能であるため、日経平均の上昇・下落の両面での豊富な収益機会が日経225先物の大きな魅力となっています。